昨日、土曜日、

マネックス証券「お客様感謝Day2020」

というのに行ってきました。

 

場所は品川、「グランドプリンスホテル新高輪」。

ちょっと変な画像ですが。

01会場
 

会場は、この地下。

02入口
 

会場前方のスクリーン。

03スクリーン
 

このセミナーは、誰かの講演というのがなくて、

多くは、マネックス証券の松本大会長とのトークショー

のような形式のものでした。

 

第1部は、冨山和彦氏、

第2部は、イェスパー・コール氏、との対談でした。

 

私は、第2部終了後、退席したのですが、

その後の第3部は、松本会長はいなくて、

スポーツ元日本代表の小椋久美子さん、田中理恵さん、

車いすバスケ日本代表コーチの京谷和幸さんの対談。

 

第4部は、松本会長以下、マネックス証券のアナリストたちによる

パネルディスカッションでした。

 

出席した第1部、第2部についてですが、

詳細は書きませんが、

 

第1部の冨山和彦氏は、企業経営の専門家とでもいうのでしょうか。

経営改革、経営支援で実績を挙げてきた方のようで、

 

現在の日本の企業は、「経営力」のない年配男が経営をしている。

経営者としての能力がない人間が経営者になる体制になっている。

経営の能力のある人材を受け入れない者が集まっている。

というような考えを持っている方で、

 

経営者が変わらなければいけない、ということとともに、

株主と取締役との関係において、株主による監視の機能等、

本来の株式会社の体制が機能するように、

変えて行かなければならない。

というような持論を展開していました。

 

第2部のイェスパー・コール氏は、マネックスグループが

設立した投資顧問会社「カタリスト投資顧問」の

「シニア・グローバル・アドバイザー」という立場の人で、

 

日本に長くいるドイツ人で、いろいろな会社の日本専門の

ストラテジスト等をやってきた方のようです。

 

証券会社・投資顧問等によくいる話のおもしろい人で、

第2部は、対談ではなく、この人の独壇場になっていました。

 

日本企業の株価は、現状、どう分析しても割安であり、

外国人投資家の関心は高い。

これから、外国人投資家は日本株を買いに来る。

と考えているそうです。

 

 

セミナーは、午後からだったので、その前に、

「株主優待ランチ」をとりました。

 

会場近くのロイヤルホストで。

04ロイヤルホスト
 

「ロイヤルオムライスwith天然海老フライ&蟹グラタンのココット」。

05全体
 

「ロイヤルオムライス」。

06オムライス1
 

「ロイヤルオムライス」。

07オムライス2
 

「with天然海老フライ」。

08天然海老フライ
 

「&蟹グラタンのココット」。

09蟹グラタンのココット
 

「ドリンクバー」のブレンドコーヒー。

10ブレンドコーヒー
 

ごちそうさまでした。

 

ロイヤルホストは、ロイヤルグループのお店です。

 

【ロイヤルホールディングス(株)の株主優待の内容】

 食事券(500円)

  100株以上 500円分

  500株以上 5,000円分

  1,000株以上 12,000円分

 権利確定月:12月・6月(末日)

 ※差額の電子マネーでの支払い不可

 ※割引券、クーポンとの併用可

 ※ポイントは、株主優待券使用分を含めた総額に対して付与

  (ポイント制度導入店舗において。一部除く)

 

 

ロイヤルホストで、となりに座っていた夫婦と思われる男女。

 

食事の後の目的地は私と同じだったようで、

さらに、私と同様、株主優待券を使うみたいでした。

 

支払総額と株主優待券との差額はわずからしく、

その支払いを、「現金かカードかでカード」、

「少額なので、楽天ポイントカードは出さなくていい」、

と言って、会計に向かっていました。

 

ですが、上記にあるとおり、ロイヤルホストでは、

株主優待券使用時は、差額は現金しか使えません。

また、株主優待券分を含めた総額に対して、

楽天ポイントが付きます。

 

結局、どうしたんだろう。

 

おしまい。

人気ブログランキングへ      ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  にほんブログ村へ