すかいらーくホールディングスの株主優待が届きました。
〈1,000株以上 (12月権利分)36,000円分〉
20190316すかいらーくホールディングス

【(株)すかいらーくホールディングスの株主優待の内容】
 「株主優待カード」※支払金額から500円単位で割引
 (権利確定月により金額が異なる)
  100株以上 (6月)3,000円分、(12月)3,000円分
  300株以上 (6月)9,000円分、(12月)11,000円分
  500株以上 (6月)15,000円分、(12月)18,000円分
  1,000株以上 (6月)33,000円分、(12月)36,000円分
 権利確定月:6月・12月(末日)
 ※クーポンとの併用可
 ※差額の電子マネー・ポイントでの支払い可

今回は、こんな画像にしてみました。
こんな風に送られてきます。1,000株保有です。

今回の12月権利分の場合、配布される「株主優待カード」は、
上の画像のように、封筒別に(丸数字が封筒の数)、
100株以上 ①1,000円カード×3枚
300株以上 ①1,000円カード×2枚、②1,000円カード×3枚、
 ③3,000円カード×2枚
500株以上 ①1,000円カード×3枚、②3,000円カード×2枚、
 ③3,000円カード×3枚
1,000株以上 ①1,000円カード×3枚、②1,000円カード×3枚、
 ③5,000円カード×3枚、④5,000円カード×3枚
だそうです。

配布される「株主優待カード」の、
保有株数別の金額と、各額面のカードとの組み合わせで、
上記のような封筒の組み合わせになっているようです。

加えて、6月権利分と12月権利分で、金額が異なるので、
さらに複雑になっているみたいです。

でも、どうして、この組み合わせなのか、
合理的な「公式」は見つけられません。

そもそも、「1,000円カード」なんて、
必要なのでしょうか。

配布すべきカードの金額は、6月権利分も12月権利分も、
3,000円と5,000円のカードの組み合わせだけで、
すべて、対応することができます。

それにしても、株主優待制度が現行のとおり拡充されてから、
使い切るのが大変です。

うれしい悩みです。

おしまい。

人気ブログランキングへ      ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  にほんブログ村へ